汗疹(あせも)

汗疹(あせも)ができるのは、大量に汗をかいたときに、汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因です。高温環境が原因となることがあり、夏期や小児によく見られます。汗は皮膚の真皮の奥深くにある汗腺から分泌され、汗管(かんかん)という汗の通路が伸び、身体の表面にある汗孔と呼ばれる出口に通じています。たまった汗は皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れだし、水ぶくれが生じたり、炎症を起こして、かゆみを伴う赤いブツブツができたりします。

汗疹ができやすい場所は、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側など汗が乾きにくい部分です。乳幼児の場合はおむつでおおわれてる部分も、要注意です。

あせも(汗疹)には大きく分けて3種類あります

小さな赤いブツブツができてかゆみを伴うものをこれは紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼びます。水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼ばれるあせもは、皮膚の表面に、1〜3mmほどの透明あるいは白っぽい水ぶくれができますが、こちらは赤みやかゆみは軽度のことがあります。

水晶様汗疹は紅色汗疹よりも程度が軽く、自覚症状が少ないので気づかないこともめずらしくありません。もう一つ、深在性(しんざいせい)汗疹という皮膚の深い部分で起こる白っぽく扁平な丘疹もありますが、亜熱帯などに多く日本ではあまり見られません。

治療としてはまず発汗を抑えるための環境整備が重要です。かゆみが軽い場合は自然に治癒を待つこともできますが、かゆみと赤みが強い場合は副腎皮質ステロイド外用剤を使用します。皮膚の表面を乾燥させるためクリーム剤の使用がすすめられます。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せはこちら

このページの先頭に戻る