勃起不全(ED)

EDセルフチェックはこちら

  バイアグラ レビトラ シアリス
国内発売時期 1999年3月 2004年6月 2007年9月
服用のタイミング 1時間前 30分〜1時間前 30分〜1時間前
食事の影響 △(有り) ○(食事による) ◎(無し)
作用時間 ○(約4時間) ○(約4〜5時間) ◎(約36時間)
副作用 頭痛、めまい、ほてり、消化不良、視覚異常など 頭痛、のぼせ、鼻づまり、消化不良など 頭痛、消化不良、鼻づまり、めまい、顔面紅潮など

料金

初診料・再診料
0円

※当クリニックでは初診料・再診料の費用はいただきません。
※治療を行わず、相談・診察のみとなった場合は診察料として3,000円(税別)をいただきます。

(税別)

バイアグラ 1錠 50mg 1,388円
バイアグラのジェネリック(シルデナフィル) 1錠 50mg 925円
レビトラ 1錠 10mg 1,388円
1錠 20mg 1,851円
シアリス 1錠 10mg 1,574円
1錠 20mg 1,851円

日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。


ED(イーディー)とは「勃起機能の低下」を意味し、全く勃起ができないという状態をから、途中で萎える(中折れ)など様々な程度の状態を含みます。

「勃起障害」や「勃起不全」という言葉から、 完全に勃起ができない状態を想像される事が多いですが、実際は「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」を指します。

そのため、完全に勃起が出来ない場合はもちろん、勃起に時間がかかったり、 勃起しても途中で萎えてしまう事で満足のいく性交ができないなどの場合も、その可能性があります。

性交渉の途中で萎えてしまうなどの現象は、正式には途中勃起力減退と呼ばれ、 EDの症状として、最も多いものです。

日本橋エムズクリニックではED治療にあたっては「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類を取り扱っています。

ED治療薬(勃起不全薬)の種類

日本橋エムズクリニックでは3種類のED(勃起不全)治療薬を処方しております。

バイアグラ

「バイアグラ」は世界的に有名なファイザー製薬が開発した極めて安全なED治療薬です。
日本では1999年に厚生省から承認されており、使用にあたっては医師の処方が必要となります。
バイアグラはEDの原因の一つと考えられている「PDE-5」という酵素の働きを抑える作用があります。

レビトラ

「レビトラ」は世界的に有名な独バイエル社と英グラクソスミスクライン社が共同開発した安全なED治療薬です。
ヨーロッパ、アメリカに続き、日本でも2004年に厚生労働省から承認されています。

レビトラ錠は、何らかの原因で拡がりにくくなった陰茎の血管を拡がりやすくし、血液の流れを改善して勃起を助ける働きがあります。バイアグラと比べ食事の影響を受けにくいという特徴があります。

シアリス

「シアリス」は、米国イーライリリー社と米国アイコス社が共同出資したリリーアイコス社から発売された勃起不全治療薬です。
シリアスの主成分であるタダラフィル(経口PDE5阻害剤)の働きにより血流を活発にし、十分な勃起力を約24時間もの間持続する事が特徴です。シアリスの安全性と効果を確かめる臨床実験が約1,100人を対象に行われた結果、81%の人がシアリスによってEDが改善されたと報告されています。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せはこちら

このページの先頭に戻る