まぶたが重い、まぶたが垂れる、頭痛がする、肩こりがある。それは眼瞼下垂かもしれません


眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶた(瞼)が開きにくくなり、下がった状態を言います。
原因は、大きく分けて生まれつきの場合(先天性)と、そうでない場合(後天性)に分けられます。

生まれつきの場合は、まぶたを開く力が弱いことが原因であるのに対し、後天性の場合は加齢やコンタクトを長期間つけることで起きる場合もあります。

眼瞼下垂は手術によって治療することができますので、お悩みの方は一度ご相談ください。

こんな症状ありませんか?

  • まぶたが重い
  • まぶたが垂れる・下がる
  • おでこのしわ
  • 頭痛・肩こり

院長一人によるトータルサポート

当クリニックでは、初回の問診・カウンセリングから手術後のアフターフォローまで、経験豊富な院長がすべて一人で対応させていただきます。

複数の人間が関わって治療するよりも、経験豊富な院長が患者さんの不安・ご要望を直接お伺いし、手術・手術後のケアまで行うことで、よりスピーディーで患者さんの安心感につながる対応ができます。

治療の流れ

問診・カウンセリング
医師が症状の確認を行い、眼瞼下垂の手術やその後のケアなどについてご説明いたします。
ご不明な点、不安な点はお気軽にご相談ください。また、必ず予約をお取りください。
血液検査
手術が行う上で、血液検査を行わせていただきます。
脂肪採取
手術日の予約を行います。後日お電話でご予約いただいても結構です。
施術開始
手術は局所麻酔を使用いたします。
まぶたのみに麻酔をしますので、眼の大きさや二重の幅などは、手術中に患者様に何度も鏡を見ていただきながら相談して決定していきます。
経過観察・施術
手術後、次の日に状態の確認を行わせていただきます。
また、手術の1週間後には再度来院していただき、抜糸を行います。

日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

よくある質問Q&A

眼瞼下垂の手術に健康保険は使えますか?
眼瞼下垂によって、まぶたが重い、まぶたを上げるのに疲れる、物が見えにくいといった生活に支障が出るような症状があれば、健康保険を使った手術ができます。 美容が目的で治療を行いたい場合には、健康保険の適応にはなりません。
眼瞼下垂の手術時間はどのくらいかかりますか?
眼瞼下垂の手術は、挙筋前転法(ほとんどの方がこの方法です)で行った場合、両目で90分程度かかります。先天性の眼瞼下垂などに対して行う筋膜移植は、プラス30分(計120分)かかります。局所麻酔で行いますので、手術直後に帰宅可能です。
眼瞼下垂の手術後、傷は残りますか?
形成外科の特殊な縫合を行いますので、ほとんどの場合気になるような傷は残りません。
また、基本的に二重になりますので、傷は二重の中に隠れて見えませんのでご安心ください。

日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

料金

初診料・再診料
0円

※当クリニックでは初診料・再診料の費用はいただきません。
※治療を行わず、相談・診察のみとなった場合は診察料として3,000円(税別)をいただきます。

(税別)

  両目    片目
挙筋前転法 保険診療 保険診療
結膜縫縮法 240,000円 130,000円

※その他施術用の材料費・麻酔の料金などが別途かかります。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せはこちら

このページの先頭に戻る