男性の更年期障害

男性の更年期障害は、正式には「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」と呼ばれ、近年注目されてきている病気です。
女性の更年期障害と同様、性ホルモンの量が低下することで起きる病気ですが、男性の場合は男性ホルモン(テストステロン)のピークが20代になるため、比較的若い方にも起こりやすい病気です。

  • 症状について
  • 原因について
  • 治療について

精神的な症状
ゆううつ、仕事が辛い・つまらない、集中力が続かない、だるい、イライラする
発毛期間までは平均3ヶ月!
疲れが取れない、眠れない、筋肉痛、トイレの頻度が多い、ほてり・のぼせ
「育毛・増毛」のダブル効果!
性欲がない、朝起ちの回数の減少

日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

男性更年期障害(LOH症候群)の要因は、年齢を重ねることによる体の変化や、日常生活でのストレスの蓄積と言われています。

男性ホルモンであるテストステロンの影響も考えられていますが、中にはテストステロンの数値が低い方でも元気な方もいるため、一概にテストステロンの分泌量だけでは判断できず、様々な要因が絡み合って起きるものとされています。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

男性更年期障害の治療には、漢方の処方やホルモン補充療法を中心に行います。
性欲減退・ED(勃起不全)の症状が見られる方にはバイアグラレビトラシアリスの処方も行っています。

その他、場合によっては適切なサプリメントなど、患者さん一人ひとりの症状や生活習慣に合わせたオーダーメイドのご提案をさせていただきます。原因のわからない不調、イライラ、性欲減退などでお困りの方は、日本橋エムズクリニックまでご相談ください。

日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

患者さん総合満足度90%以上 当院にて患者さん満足度調査を行いました。詳細はこちらをご覧ください


ご予約・お問合せはこちら

このページの先頭に戻る