耳たぶ変形・切れ耳・ピアス穴トラブル

耳たぶの変形

耳たぶの事は医学用語で耳垂(じすい)と呼ばれ、耳たぶの変形は状態にもよりますが耳垂裂(耳たぶが裂けている状態)、耳垂欠損(耳たぶが欠けている状態)と呼ばれます。耳たぶは耳の中でも毛髪に隠れにくい部位ですので、その変形も目立ちやすく、治療することによって耳の印象を改善させる効果があります。

耳たぶの形の異常は非常に多く、先天異常、けが、やけど、手術の影響などが挙げられます。

後天性耳垂裂(こうてんせいじすいれつ)

重いピアスをつける事やピアスをたくさんつける事で生じると考えられています。治療に関しては元来の耳たぶを構成している皮膚の量が少なくなっていないので、耳たぶの変形の改善は比較的容易に行う事が出来ます。また、手術の際にピアス穴を再度作成することも可能です。

術式としては山田法、藤田法、Khoo Boo-Chai法、Pardue法、他に当院で考案したオリジナルの術式を踏まえて、一番よい術式で治療を行います。

耳たぶが裂けてしまって(切れ耳)ピアスをつけることをためらわれている方、お気軽にご相談ください。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せはこちら

このページの先頭に戻る