毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、毛穴に角栓(古い角質)が詰まってしまう皮膚疾患です。多くは小児期の頃から発症し、思春期に目立つようになります。二の腕や背中、太もも、ふくらはぎ、お尻等の肌表面がぷつぷつとした状態となり、触るとざらざらとし、軽度の痒み、乾燥感を感じることもあります。

遺伝することがあり、肥満気味の方、アトピー性皮膚炎がある場合に発生率が高くなっています。

年齢とともに治る傾向にありますが、古い角質を放っておくと、硬くなった角質がずっと肌に残り続けてしまうことがあります。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の治療について

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の治療には下記のような治療方法があります。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せはこちら

このページの先頭に戻る