しみ、そばかす治療

しみ

紫外線を浴びると、皮膚の一番外側の表皮内の色素形成細胞(メラノサイト)が刺激を受けメラニン色素を作り出し紫外線の害から肌を守ろうとします。

皮膚の細胞は、通常約28日周期で新しい細胞に変わるターンオーバー(新陳代謝)を繰り返し、紫外線を浴びて作られたメラニンも、ほぼ28日サイクルで役割とともにはがれ落ちますが、さまざまな原因でメラニンが過剰に作られ、ターンオーバーのサイクルが乱れて新陳代謝が滞ると、本来はがれ落ちるはずのメラニンもそのまま滞って沈着し、しみとなってしまうのです。

しみが出来る主な原因は紫外線や摩擦ですがその他にも、ストレスや睡眠不足、不規則な生活や過労、更年期・妊娠等の女性ホルモンの分泌異常等もあげられます。

日光黒子(にっこうこくし)

しみの多くがこのタイプで、淡褐色〜濃褐色の色素斑で、顔以外にも手、背、前腕などの露出部に多く出ます。

雀卵斑(じゃくらんはん)

いわゆる“そばかす”。直径mm以下の丸い茶褐色の斑点で頬や鼻の周りなどに多く出ます。遺伝性が強く、3歳頃から見られ思春期に特に目立つようになります。

炎症後色素沈着

やけどにきび、化粧品かぶれ、摩擦、日焼け後などによる肌の炎症が治った後に生じる褐色のしみ。年齢・性別・部位に関係なくできるが時間とともに徐々に薄くなることが多いです。

肝斑(かんぱん)

女性の顔に多く生じるしみで、妊娠・経口避妊薬などにより誘発あるいは悪化するので、女性ホルモンが関係して発症するといわれています。日焼け、摩擦等も原因で頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴です。

花弁状色素斑

背中から肩にかけて出る豆粒くらいの大きさのシミで、海水浴などで強い日光にあたった後、メラニン色素が過剰に発生してできます。日光を浴びてから1か月〜3か月後に多く現れます。


治療法としては美白剤(ハイドロキノン外服)や、ビタミンC、E、アルブチンの内服、ケミカルピーリングや、レーザーを用いての照射治療となります。 当院ではアレキサンドライトレーザーを採用しています。このレーザーは色素レーザーとも呼ばれており、人体で茶色や黒を構成するメラニンへの吸収が高いという特徴を有しています。レーザー照射によって破壊されたメラニン色素は、ターンオーバーによって排出されたり、マクロファージ(白血球の一種)によって処理され、施術後はかさぶたとなり、自然と剥がれます。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

症例:しみ

この患者さんは両頬全体のしみを悩まれて来院されました。
アレキサンドライトレーザーを用いて治療を開始しました。2回照射した時点で、しみの消失が認められました。
全体として改善を認めていますが、他の部位にしみが残っており、現在治療継続中です。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。


院長コメント

一般的にしみと言われているものでも、医学的にはそばかす、日焼けの後、肝斑(これがしみです)、老人性色素斑と色々あります。よって診察の結果治療方針が変わる事があります。

施術後に気を付けること

施術後に気を付けることは、摩擦と日焼けで悪くなることがありますので、洗顔を気を付ける事と日焼け止めを欠かさず使用することになります。

施術の実際としては氷冷パックで冷やしての施術となり、殆どの方はわずかな痛みといった耐えられる程度の痛みと仰っています。

一度の施術で完全にしみが消えない事がしばしばあって何回かレーザーを当てることになり、その途中でしみが濃くなったり黒くなったりする事がありますが、施術における影響ですのでご安心ください。

料金について

料金は初回にかかった料金で治るまで治療します。しかし、最終施術から3ヶ月以上経った段階または治療が終了して3ヶ月以上経っての再発は別料金となります。

補助治療

補助治療として美白作用のある薬剤の使用もご検討ください。

  • ビタミンC内服または外用・イオン導入
  • ハイドロキノン外用
  • トラネキサム酸内服またはイオン導入
  • ビタミンE内服
  • ケミカルピーリング

日焼け止めを長期に使用すると体内のビタミンDが少なくなって、骨粗しょう症や胎児の骨発育や動脈硬化への影響が懸念されます。当院ではこれらに対応すべくビタミンDのサプリメントも準備しますので、ご検討ください。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

そばかす

そばかすは、大きさ5mmまでの円形で様々な濃さの茶色いしみです。日光によくあたる部分、特に顔の頬から鼻筋にかけてみられます。顔以外にも、手の甲、腕、肩等にも生じることがあります。白人に多く、日本人では色白の人に多くみられます。また遺伝することも言われています。

症状は、5〜6歳頃からみられ、思春期になると目立つようになります。また、加齢と共にそばかすが増えたりこくなったりする事もあり、また一度良くなってもまたなってしまう事もしばしあります。

日焼けで悪くなりますので、日焼け対策が重要になります。

そばかすの治療

そばかすの治療としては下記の方法があります。
最近の傾向としては飲み薬や塗り薬、レーザー照射やフォトフェイシャルが一般的に行われています。

  • 日焼け止めの使用
  • 各種飲み薬(ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸)
  • レチノイン酸外用、ハイドロキノン外用、ビタミンC外用
  • イオン導入(ビタミンC、トラネキサム酸)
  • ケミカルピーリング
  • 色素レーザー(アレキサンドライトレーザー、ルビーレーザー)
  • フォトフェイシャル(IPL)

日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

料金

初診料・再診料
0円

※当クリニックでは初診料・再診料の費用はいただきません。
※治療を行わず、相談・診察のみとなった場合は診察料として3,000円(税別)をいただきます。

(税別)

しみ 1mmあたり 2,500円
そばかす 〜1mm大 1,000円
2mm〜 2,000円

2回目以降の治療では、別の追加治療を行わない限り追加費用はかかりません。
ただし、以下の場合は別途料金が必要になります。

  • ご自身の不注意による再発
  • 長期経過(3ヶ月以上)後の再発
  • 炎症後の色素沈着

日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せはこちら

このページの先頭に戻る