白癜(しろなまず)

白斑とは皮膚の一部の色が白く抜け落ちる原因不明の皮膚病です。別名「しろなまず」とも呼ばれます。皮膚の組織の中で、メラニンという黒い色素を作る細胞があり、その機能が低下することによって生じるとされます。

身体の一部に白斑が認められるものを「限局型」、全身あちこちに白斑が認められるものを「汎発型」、神経の通り道に沿って白斑が認められるものを「神経分節型」と、その症状により3つのタイプに分類されます。大半は皮膚だけの病気ですが、汎発型の場合は自己免疫疾患に合併することがあります。患部に痛みやかゆみを感じることはほとんどありません。また人に伝染するようなこともありません。

怪我や火傷、日焼けなど皮膚になんらかの刺激が加わることによるもの、ストレス等により発症するとも言われていますが、その原因は解明されていません。 発症する時期も幼少期から大人になってからと様々で、自然に治癒することは難しいので医療機関での治療をお勧めします。

白斑(しろなまず)の治療について

治療として一般的に、ステロイド外用剤、光線療法、活性型ビタミンD3外用、などが行われます。
その他、免疫抑制剤(タクロリムスなど)、外科的治療など様々な治療があります。


日本橋エムズクリニックでは、お電話・インターネットにて診療予約・ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せはこちら

このページの先頭に戻る